「好きを仕事に」出来ないと生き残れない!?

少しセンセーショナルなタイトルをつけてみました。

最近忘れかけていたことを思い出させてくださった方がいました。
「好きなことを仕事にした方が楽しくない?それに、これからは好きなことを仕事にしないことの方がリスクになると思うからね。」

好きなことを仕事にできないことがリスク…?
それはどういうことなのでしょう?
答えを聞いたわけではありません。
ですが、このリスクは人それぞれだと思います。
自分の場合を考えてみました。

「好き」を仕事に出来る人でいっぱいにする!

これは私のビジョンでした。(今は更に進化させていますが。)
その想いの出所は「会社は守ってくれないから。」でした。
よく考えれば企業の平均寿命が23.5年(2014年、TSR)で30年以上続く企業の割合が0.025%なんだから新卒入社した企業でずっと働く人なんてほんの一握りに過ぎない。

だから新卒で働く企業で「好き」を仕事に出来なくても良いと思っている。ずっとその企業にいるなんて奇跡は滅多に起きないのだから。
ただ、「好き」を仕事に出来る力はつけておく必要がある。なぜならその企業にずっといられるわけではないから。

近年だと東芝が倒れたが、「まさか…。」と思った人が多いだろう。その「まさか」が起こるのだ。

東電が叩かれ、減給された時、世間は当たり前のように彼らを批判したが、東電社員は「まさか…。」と思っただろう。
彼らが何かミスをしたから原発事故が起きたわけではない。むしろ彼らは何もしていないのに、突然減給されたのだ。

まさかでもなんでもなく、自分が失敗しなくてもこういうことは起きる。
そんな時に、「会社から給料がもらえるのが当たり前。」というモチベーションで働いていると、その当たり前が無くなった瞬間痛い目に遭う。
だから「好き」を仕事に出来る力は必要だ。

そして一番は、その方が人生楽しいから。
一度きり、いつ終わるか分からない人生、楽しまなければ損。

熱中できるものを見つけ、それを大切にし続けてほしい。いつかそれが、自分を救うことになるかもしれないから。

時給換算してしまう人はフリーランスに向かない

f:id:writer_eri:20160929212639j:plain

こんにちは。

eriです。

金欠病をよく発しては「絶対稼ぐ。」と決意する日々です。
最近はパソコンに向かい、せっせとホームページ制作をする日々です。
ホームページ制作単価はそれなりに高いのは、皆さんもご存知かと思います。

しかし、時給換算してしまうと大変。数日かけて作ったホームページをクライアントに見せてみると、「ここからがスタート」とばかりに要望を並べられるのが常。
またほとんどやり直して見せれば更なる要望が出てきて…

ホームページ制作なんてそんなもんです。
ライターより単価こそ高いものの、実質ライターと似たようなものです。
作って、出して、フィードバックされて、修正して…その繰り返し。

はっきり言って、好きでなければやってられない。
そこでふと気付きました。

フリーランスって時給換算する人には向かないな…と。
仕事を請け負うタイプのフリーランスがクライアントに安く買い叩かれるのは定番。

自分で商品を作る人ですら、その裏の労力、時間は膨大。
商品を開発して、マネタイズして、営業して…それらをほとんど1人でこなすのですから。

多くのフリーランスがやっていける理由は「好きだから。仕事が苦じゃないから。」
これに尽きるんじゃないでしょうか。

そして自分はどうなんだろう?と省みる。

自分が一番好きなこと、やっても苦にならないくらい夢中になることは…

「人の話を聴く」
「人の力になる」
「人の成長を見守る」

人の成長に貢献できてる時は寝食忘れる人です。

大好きなワードは

「教育」「コーチング」「カウンセリング」「コンサルティング

うん。Webやライティングはあくまで副業になりそうだ。

教育コンサルティングの道に進みます。

積み木崩し

1. 不思議な現象

時々、自分に対して「ワケがわからない!」と叫びたくなる現象というのはある。
なんでこんなところにこんな大事なもの隠したんだ…?
なんでこんな重要なもの捨てたんだ…?
なんでそんな重要な事メモしておかなかったんだ…?
などなど…。

その中でも特に極めつけて数年間悩まされてきた事がふっと理解出来て視界がパーっと晴れたような気がしたから綴ってみる。もしかしたら同じ悩みを抱えているかもしれない人のために。そしてまた同じ現象にぶち当たった未来の自分のための備忘録に。

2. どうにもならない辛さ

3年前から毎年のように悩まされてきたこと。
ある時突然、何もやる気力がなくなり、
すぐに身体がだるく、朝起きられなくなり、
重要なことを忘れるようになり、
頭が回らず、動作が鈍くなる。
今まで好きでやってきたはずのことがたまらなく苦痛になる。
大好きなはずの仲間に会いたくなくなる。

酷い時は全く動くことができず、布団で寝込む日々が続く事もある。
突然の過呼吸、寝ても寝ても眠くなる等…多くの不調に見舞われる。

そして、大体そのタイミングで何かを切り捨てたり、環境を変えているうちに治っていることが多い。

けれども、毎回毎回相当なタイムロス。
生産性が下がるし周りに迷惑かけるし、何より自分にとって多大な損失だ。
一体この現象の原因は何なのか?

仮に「電池切れ病」と名付けることにした。
ネーミングセンスは突っ込まないでいただきたい。

3. 「電池切れ病」について知るために

ストーリー仕立てで「電池切れ病」を追ってみることにした。
ピタリとハマる例えが冒頭の「積み木崩し」だ。

積み木をどんどん積んでいくと、
段々高くなっていき、
不安定になり、
やがてバランスを崩す。
そしてまた一から積み直す。
コツをつかんでさっきよりも高く積めるようになる。
しかしまた崩れる。
その度にさっきの自分を超えたくなる。
もっと高く…もっと高く…。
しかし、やがて何度やっても超えられない地点が出てくる。
それでもまた、前の自分を超えた刹那の喜びを味わいたくて積む。
しかし、段々さっきは積めていた高さにすら到達できず崩れ始める。
次第に「自分は何をやっているのだろう?」と惨めに思えてくる。
やがて積み木が崩れても、積み直す気力が無くなる。
この瞬間こそ「電池切れ病」襲来だ。

積み木を積み上げ、前回の自分という壁を超えたその刹那の喜びを味わいたくて、
積み上げるのは、何かに挑戦している時、行動している時だ。
「それやります!」
「これやります!」
周りに目標を宣言している時。
そして自分が宣言した目標に向かい、
積み木を積み続ける。
前回の自分を超えた刹那の喜びは非常に快感だ。
反面、崩れたらたまらなく悔しい。
だから何度も何度も積み上げる。

前回の高さを超えた刹那の喜びの後に来るのは、
「またこの快感を味わいたい。」という気持ち。
次はこの壁を超えたい、とすぐにまた目標を立て、積み始める。
それにはとても神経と労力が要ると分かっていても。

崩しては積み上げ、積み上げては崩す。
段々と前回の壁はなかなか超えられなくなっていく。
それでも何度も何度も積み上げていく。
次第に今まで安定的に積めていた高ささえも積めなくなる。

そうして気づく。
「自分はなんてみじめなんだろう?」
何度積み上げても崩れる積み木。
しまいにはどんどん低くなっていく積み木。
周りを見渡せば、自分より高く積み上げる人々ばかり目に入る。

「自分は何のためにここにいるのか?」
それを見失った瞬間、電池切れのロボットみたいに全てを拒絶する。
自分がたまらなく惨めになる。

目標を追うのは達成した刹那の喜びを味わいたいからだ。
その先にある喜びを知ってしまったから。
癖になるおやつみたいなものかもしれない。

4. 目標の甘い罠に溺れない

目標達成の刹那の快感は実に楽しい。
だが、大切なことを忘れないでほしい。
「自分は何のためにここにいるのか?」
目標達成の刹那な喜びだけではなく、
自分の生きる目的を見失わず生きてほしい。

目標を立て、目標達成に向けて頑張るのは悪くない。
しかし、大切なのは目的である。
目的は、目標の罠から身を守ってくれる。
目標達成は目的のためなのだ。
積み木が崩れたら、見るのは目標ではない。目的た。
目標なんて、その道のりに過ぎない。
一歩一歩、積んでいこう。

自分に言い聞かせていますが、皆さんにも是非、忘れないでほしい言葉です。

ずっと走り続けたくなってしまう人へ

f:id:writer_eri:20160929212639j:plain

1.「休んでる暇なんてない」と言ってませんか?

「休みって概念がないんですよね〜。」という方、いませんか?

「忙しい自慢」「寝てない自慢」「食べてない自慢」「休んでない自慢」をしている人、周りにも見かけませんか?

 

何を隠そう、過去の私がその一人でした。

 

朝の4時に起きて夜の1時に寝るのが当たり前。

スケジュール帳のタイムラインはびっしり。

平日は学校とバイトと就活、土日はずっとバイト。始発終電もザラ。

大学ではレッ○ブルやコーヒー片手に講義を受ける日々でした。

頭痛薬を常にこっそり持ち歩いていたのもこの頃です。

 

「休んだら負け」という言葉が常に頭にありました。

「このくらいやって当たり前なんだ」と言い聞かせていました。

こうして書くと、夢や目標があったように見えますね。

実を言うと、この頃は全く明確ではありませんでした。

 

原動力はただ一つ、「頑張っている自分」が好きだったのです。

言い換えれば「何もしていない自分」には微塵も価値を感じていませんでした。

とにかく行動し続けることで自分に価値を見出そうとしていました。

 

2. 「止まらずに走り続けてしまう人」の落とし穴

「忙しい」が口癖の人々の本音を自身の経験から代弁すると、

 「止まれない」

「休めば?」と言われても止まれない。

なぜなら休んでる自分に対して価値を感じていないから。

自分には価値があると信じたい。

そのためには「頑張っている」自分でなければならない。

彼らにとって休むことは自分の存在を否定することなのです。

 

しかし、彼らが「止まれない」=「元気」とは限りません。

むしろそこが大きな落とし穴なのです。

彼らは限界を突破していることに気付きません。

もしくは意図的に気付かないふりをします。

 

私もまた、その一人でした。

ある朝突然、起きられなくなりました。

動かそうにも身体が動かず、いうことを聞かない身体に涙しました。

「頑張りたくても頑張れない自分」をなかなか受け入れられない自分がいました。

身体が動くまでには2週間かかりました。

 

3. 「止まれない」あなたへのメッセージ

「止まれない」自分の方が好きかもしれません。

「頑張っている自分」の方が可愛いかもしれません。

 

でも、考えてみてください。

そんなにボロボロになるまで働いて得られたものは何ですか?

それは「頑張っていない」自分になったら失うものでしょうか?

「命あっての物種」とはよく言ったもので、

どんなに力をつけ、富や名声や人望を得たとしても、あなたが生涯を閉じた瞬間に全てはあなたにとって紙くず同然になります。

 

あなたの大切な人は、あなたの幸せを願っています。

「休む勇気」を持ちませんか?

完全自由なブロガー経営者を目指して

f:id:writer_eri:20160928221155j:plain

1. パソコン1台で楽しく稼げるようになりたい

初めまして。完全自由で楽しく働く経営者を目指すブロガー、恵理です。

ブログを始めたのは完全自由人ブロガーへの第一歩。

ブログで稼げる人間なんてわずかだと言いますが、そんなのやってみなければ分かりません。

なんにせよ、書くことが好きなので楽しみの一環としてやってます。

好きなことで稼げたら最高ですからね。

 

2. 自由に吐き出せる場所が欲しかった

ブログはもちろん多くの人の目に触れます。

ただ、FacebookTwitterのように、嫌でもタイムラインに流れてくるわけではありません。

だからこそ、人目を気にしすぎることなく自由な文章が書ける。

読みたい人が読んでくれたら良いな、と思っています。

 

3. でもやっぱり稼ぎたいよね(笑)

読みたい人だけ読んでくれれば、なんて言いつつも、「ブログで稼げたら良いな」と思ってしまいます。

ですからコメント戴けると泣いて喜びます。

ブログで稼ぐ方法を調べるのも大事ですが、まずはアクセス数ですよね。

というわけで記事数を増やすことから始めようと思います。

 

4.おまけ:著者について

経営者を目指し、営業力を高めるために日々トレーニングをしています。

経営者などというと仰々しいですが、要するに自分でビジネスをしたいのです。

特別な能力があるわけでもない自分が起業家になったら人々に希望を与えられるのではないかと思っています。

この辺は追々書いていこうと思います。

 

それではどうかよろしくお願いします。

 

サイト作れるのに無料ブログを改めて開設した理由

自己紹介

 

初めまして。小須田恵理です。

簡単に自己紹介させていただくと…

ライター経験あり、起業家志向です。

その他経歴が色々複雑です(笑)

追々読んでいただけると分かるかと思います。

ブログ開設に至った経緯

今回ブログ開設に至った理由は次の3つです。

  1. 起業するにあたって有効だから
  2. 人の力になりたいから
  3. 楽しみ

もっとも「なぜ有効なのか?」という人もいるでしょう。

次から説明していきます。

1.起業するにあたって有効だから

直接的な理由と間接的な理由に分かれます。

直接的にはアフィリエイトアドセンスといった収入源として。

間接的には自分のことを知ってもらうツールとして有効です。

また、私のビジネス面においても有効です。

これは追々、ブログで説明していくので今回は省きます。

2.人の力になりたいから

少し起業の理由とも被ります。

私自身、特に秀でた才能はないです。

でもビジネスを始めようとしています。

それで成功したら面白くないですか?(笑)

そんな姿を見て勇気ある一歩を踏み出して欲しい。

だからこそ発信することにしました。

3.楽しみ

これがないと続きません(笑)

人生楽しまなくちゃね。

私にとって発信は凄く楽しみなんです。

Facebookだけじゃ物足りない。

ブログの方が自由な自分を出せる、そんな気がしました。

 

また、ここからブロガーさんと繋がるのもまた、一つの楽しみ(笑)

私なんかが繋がれるの?

いや、やってみなくちゃ分からないでしょ?

で、私の周りで成功しているブロガーさんははてブロやってるな

はてブロやろう!

頭が単純なんです(笑)

 

今日はここまで!

今後ともよろしくお願いします!