企業にフラれ続けて良かったと思うこと

f:id:writer_eri:20160929212639j:plain

どうも、お久しぶりの記事です。

 

最近はWeb制作でお仕事をいただき、嬉しい限りです。

Webマーケティングも着々と進めております。

FXトレードの勉強も進んでおります。

フリーランス街道を歩めている実感がようやく出てきましたね。

 

こうしてみると、就活生だった頃の自分が懐かしく思えてきました。

 

今回は「企業にフラれ続けて良かったこと」と題して私の黒歴史を元に就活に苦戦している皆さんに少しでも希望を提供したいと思います。

 

大学3年生時、私の就職活動の実態は、一言で言えば「黒歴史」以外の何者でもありませんでした。

サマーインターンの選考には落ち続ける日々。

Webテストは通っても、面接で落とされる日々。

両親には自分が受けている企業の話をすると、「そこはあんたに向いてない。」と言われるので、家では何も話せず、落ち続けたショックで就活仲間に思わず愚痴をこぼすこともありました。

 

極め付けは11月。

 

やっとインターンに受かり、インターンからの特別選考に進んだ企業で最終手前、落ちてしまいました。

多分、この時から「自分はどこにもいらないんじゃないか?」と思い始めました。

 

同時に大学生活も落ちぶれていました。

 

就活でろくに大学に行かなくなり、元々少なかった友達とも話さなくなりました。

就活に没頭したことで部活仲間からは冷ややかな目で見られ、次第に離れて行きました。

 

自分も大学で居心地が悪くなり、バイトと就活で疲弊していたせいもあってか登校しても、対人恐怖とストレスからか、教室へ行くことが出来ず講義をすっぽかすことも増えました。この頃から社交性が下がり、ますます内向的になりました。

 

そんな時、インターンとして働いた現場で出会ったのがフリーランスという存在でした。その女性は「今日はお手伝いなのー。」と言って、自分がフリーランスだと話してくれました。何をしている人なのかは具体的には聞けませんでしたが、興味を持つには十分でした。

 

調べてみると、なんと会社に行かずに自分で仕事をする人、というではありませんか!

会社に属さず、自分で自由に仕事をする人たちがいることに、衝撃を受けました。就職するために大学入ったような人間でしたから。

 

「生きるために稼がなきゃいけない。そのために就職しなきゃいけない。出来る限り稼げる所に…」

 

そんな考えを持っていた自分にとって、大きな発見でした。

 

その半年後、私は就職活動を辞めました。

 

思えば当時はライターのインターンを紹介していただいた位で、フリーランスとしての糸口は特に無いまま走り出しました。

 

最初からそんなの、無いのが普通ですけどね。

 

こうしてあちこちフリーランスイベントに参加してみたり、ビジネススクールに通ってみたり、若干怪しい目にもあったりしながら回り道を重ねた結果、今に至ります。

ある程度食べていく術を身につけた、といったところでしょうか。

まだまだフリーランスとしてはちっぽけですけどね。

 

でもこれって、就活が上手くいってたら考えなかったと思うんです。

 

合理主義なんで、「内定とってさっさと終わらせる!」しか考えていませんでしたからね。今では企業から何度もお祈りされまくったことにも面接で怖い思いしたことにも感謝しています。

 

就活失敗したからフリーランスになれましたから。

 

就活の失敗で人生の終わりかのように言う学生がいるのは悲しいことです。就職してもしなくてもどちらでもいい。

 

ただ、これだけは言える。

自分で稼ぐ方法を知っているのと知らないのとでは大いに違う。

 

一人でも多くの人が、自分で稼げるようになって欲しいと思う。

そうすれば企業の奴隷にならなくて済むからだ。そしたら嫌ならやめればいい。

 

自分がその手本となれるよう、これからも精進していきます。