何がしたいか、何が出来るか、そしてもう一つ仕事選びで重要なこと

f:id:writer_eri:20170629212311j:plain

こんばんは!

 

フリーランスとして仕事していると、良くも悪くも休日も何も無いので、働き詰めだったり、逆にのんびりしていたりと様々です。

「それが自由で良い!」と思える人はフリーランス向きだと思いますね。

今日は「仕事選びをする上で重要な3つのこと」についてお話したいと思います。

  1. 何がしたいか
  2. 何が出来るか
  3. 誰と働くか

この3つです。

仕事をする上で、「何がしたいか」「何が出来るか」が重要とはよく言われますよね。

 

「何がしたいか」、これは自分のウォンツです。好きを仕事に出来たら楽しいですし、人生の3分の2を占める仕事は楽しい方が良いですよね。

 

「何が出来るか」は自分の資産です。自分の資産とは自分の「強み」のことです。自分が持っているスキル、能力、人脈…様々ありますが、これも仕事選びには欠かせません。「出来ないこと」で貢献するのは難しいですからね。仕事は「価値提供」ですから、趣味と違って「やりたいからやる」では通らないのです。

 

フリーランスはこれらを含めて「何をするか」自分で自由に選択できるのが魅力の一つでもあります。

 

ですが、「誰と働くか」を仕事選びの時点で重要視している人は少ないように思います。

 

仮に見ていたとしても「一緒に働く会社の人はどんな人だろう?」位では無いでしょうか?

 

私は「誰と働くか」「誰をお客様にしたいか」「何と向き合って仕事したいか」でもあると思います。そういう意味では”誰と”では語弊があるかもしれませんね。

 

会社選びの時点で「誰がお客様か」をどうやって見るのか。

それは会社の事業を見ればだいたい分かりますし、社員さんに聞けば確実でしょう。

 

そして、「人と向き合う割合と機械と向き合う割合どちらが多いか?」というのも参考になるでしょう。

 

ちなみに私のような社交性が低く、大勢が苦手な人間はパソコンなど機械と向き合う仕事が苦にならない、というメリットがあります。

 

しかし、社交性が高い人にとってはそれは物足りないでしょう。

反面、日々、新しいお客様を相手にするような仕事は苦にならない、というメリットがあります。

 

確かに仕事は「お客様ありき」ですから厳密に言えば人を相手にしない仕事なんてトレーダーくらいなもんですが、直接お客様を相手にする仕事ばかりでは無いわけです。

 

ぜひ、「何と向き合って働くか」にも目を向けて、キャリアを考えてみてください。

 

ちなみに私は「自分が会いたい時に人に会いたい」人間です。

フリーランスで正解なんでしょうね。

皆さんも、自分の気持ちに素直になって、考えてみてください。